建築家

建築家安藤忠雄の建築作品12選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安藤忠雄とは?

  • 1941 大阪市に生まれる
  • 1969 安藤忠雄建築研究所設立
  • 1976 住吉の長屋で日本建築学会賞受賞
  • 1989 ハーバード大学客員教授
  • 1997 東京大学工学部建築学科教授

建築に関わる者であれば、知らない人はいないであろう建築家安藤忠雄。

元プロボクサー、独学で建築を学んだこと、関西人らしい性格など、人間としても魅力的な経歴の持ち主である。

代表作としては「住吉の長屋」「光の教会」「表参道ヒルズ」などが挙げられる。

たけひこ
たけひこ

そんな安藤忠雄の建築作品10選を今回紹介します!!

住吉の長屋

  • 所在地:大阪市住吉区
  • 竣工 :1976年2月
  • 用途 :個人住宅
  • 構造 :鉄筋コンクリート造

安藤忠雄さんのデビュー作にして代表作である住吉の長屋。この住宅で初めて日本建築学会賞作品賞を受賞した。

建築の最大の特徴は、コンクリート打ち放しによるクールな外観である。

さらに外部空間を通らないと建物内の移動ができない構成は批判も多いが、それを犠牲にしてでも中庭を設けるという意思の力を感じる建築である。

そのため、この建築は構成を見るだけでも、美しいコンクリートや前例のない空間構成など安藤さんの建築への考え方、人となりがわかる建築になっている。

光の教会

  • 所在地:大阪府茨木市春日丘
  • 竣工 :1989年4月
  • 用途 :教会
  • 構造 :鉄筋コンクリート造

光の教会は「究極のローコスト建築」といわれるほど低予算でつくられている。

最大の特徴は、正面壁にあけられた十字型の窓であり、ここから太陽光が入り光の十字架が浮かび上がるようになっている。

低予算であるからこそ、無駄のない洗練された空間がつくられている。

李禹煥美術館

  • 所在地:香川県香川郡直島
  • 竣工 :2010年6月
  • 用途 :美術館
  • 構造 :鉄筋コンクリート造

李禹煥リウファン美術館は、香川県の「直島」に建つ美術館である。

李禹煥は1936年に韓国で生まれた彫刻家で、1960~70年代にかけて日本で流行した「もの派」という現代美術の先駆者として知られる。

アートの島として知られる「直島」に建つ美術館で、地中に埋め込まれた構成、水平垂直の伸び、アプローチ空間の演出などが魅力的な建築である。

秋田県立美術館

  • 所在地:秋田県秋田市中通
  • 竣工 :2012年6月
  • 用途 :美術館
  • 構造 :RC造

秋田県立美術館は、秋田市の久保田城跡にある「千秋公園」のすぐそばに位置する美術館である。

千秋公園内にある旧秋田県立美術館(平野政吉美術館)を2013年に移転したもので、旧美術館との関係性を重視した構成が随所にみられる。

最大の魅力は、2階のラウンジ前に存在する「水庭」であり、水と緑を挟んで奥に旧美術館が見える構成となっている。

21_21 DESIGN SIGHT

  • 所在地:東京都港区赤坂
  • 竣工 :2007年2月
  • 用途 :デザイン文化交流施設 店舗
  • 構造 :RC、S造

この建築は、港区のオフィスビル街に建つ、デザイン専門施設である。

用途としてはデザインに関する企画展、リサーチ、ものづくりを複合的に行う場である。

特徴的な屋根は、1枚の鉄板によって構成されており、この鉄板屋根のモチーフは「1枚の布」である。

布が人間のフォルムに合わせて形を変え服となる。このように、1枚の鉄板がデザイン空間を包み込み、個性をつくっていく。このようなプロセスで設計されたのが 21_21 DESIGN SIGHT である。

司馬遼太郎記念館

  • 所在地:大阪府東大阪市下小阪
  • 竣工 :2001年10月
  • 用途 :展示施設
  • 構造 :鉄筋コンクリート造

この建物では、司馬遼太郎氏の頭の中を11メートルの高さの本棚によって表現している。

外観は安藤さんらしいコンクリート打ちっぱなしのかっこいいものでありますが、内部に入ると木材を使った優しい雰囲気になるという両者の対比がとても魅力的である。

また、司馬遼太郎さんが晩年まで使用していた書斎も庭から見学することができる。

このように司馬遼太郎さんの知識や経験が詰まっているのが、この司馬遼太郎記念館である。

兵庫県立木の殿堂

  • 所在地:兵庫県香美町村岡区和池
  • 竣工 :1994年4月
  • 用途 :展示施設
  • 構造 :RC、S、W造

安藤さんの作品ではあまり見られない、外観に木材をふんだんに使った建築である。

日本伝統の木の建築の文化を海外の方にも知ってもらうという目的もあり、森の中にいるような建築を目指したそう。

しかし、私が注目したのは建物の形状である。木造建築とは思えないような曲線の外、これは安藤さんのコンクリート建築の形状に似ている。

そう考えるとこの建築は、日本伝統の木造建築と安藤さんのコンクリート建築が融合された唯一無二の建築である。

こども本の森中之島

  • 所在地:大阪府大阪市北区中之島
  • 竣工 :2019年12月
  • 用途 :図書館
  • 構造 :鉄筋コンクリート造

この建築では、壁全体が本棚で覆われ,その中で子どもたちが様々な形で本と巡り合える、迷宮のような空間になっている。

外観は安藤建築らしいRC造であるが、内部は木を多く使用している。この内外の対比の構成は司馬遼太郎記念館の構成と似ている。

司馬遼太郎記念館が大人のための空間であるのに対して、こども本の森は子供のための空間になっているところが違いであろう。

兵庫県立美術館

  • 所在地:兵庫県神戸市中央区
  • 竣工 :2001年9月
  • 用途 :美術館
  • 構造 :鉄骨造

この建築は石壁の基壇の上に3つの箱が乗ったような構成となっている。

この箱はマトリョーシカのようにガラスの箱の中にコンクリートの箱が収まっている。

コンクリートの中は展示室、コンクリートとガラスの間が回廊となり、外部空間と内部空間を緩やかに繋ぐ役割を回廊が果たしている。

また上記の2枚目の写真は、螺旋階段の円形テラスである。地下1階から地上2階まで、外部空間として美術館をつないでいる。

真駒内滝野霊園頭大仏

  • 所在地:北海道札幌市南区滝野
  • 竣工 :2015年12月
  • 用途 :礼拝施設
  • 構造 :鉄筋コンクリート造 

この写真を見た時につい「え、なんだこれ?!」と口に出してしまうだろう。

大仏周辺の整備計画という課題から、安藤忠雄は大仏の大半を丘で埋め、頭だけしか見えないようにする計画を立てた。

さらに、その丘をラベンダー畑とすることでランドスケープとしての建築をつくり出した。

在来線 熊本駅

  • 所在地:熊本県熊本市西区春日
  • 竣工 :2019年9月
  • 用途 :駅舎
  • 構造 :RC、S、W造

かつて夏目漱石が発した「熊本は森の都だ」という言葉に影響を受け、ホーム上の屋根には合計3,000㎥にもなる木材が利用されている。

また、熊本駅の特徴的なファサードは、熊本城の石垣をモチーフにしており、きれいな曲線によって人々を迎え入れている。

さらに、熊本駅の駅前広場は東口を西沢立衛氏、西口を佐藤光彦氏が設計している。

表参道ヒルズ

  • 所在地:東京都渋谷区神宮前
  • 竣工 :2006年1月
  • 用途 :店舗 共同住宅
  • 構造 :SRC、RC、S造

この建築の特徴は、周辺環境との調和である。その調和の要素として3つ挙げられる。

  1. ケヤキ並木の高さに合わせた建物の最高高さ
  2. 前面道路の傾斜と同じ角度のスロープ
  3. 250mの連続したファサード

これらの要素によって、表参道という街に調和しつつ、新たな街を内部空間として作り出している。

さらに、表参道ヒルズの端には、かつてこの場所に存在していた同潤会アパートを再現し、その棟を同潤館という名前の店舗として利用している。

このように、街や歴史、人々、自然などあらゆる要素を建築を通してつなぎ合わせているのがこの表参道ヒルズである。

最後に・・・

以上が安藤忠雄さんの有名建築作品12選でした。

安藤さんの一貫したコンクリートという素材に対する熱意を感じていただけると思います。

たけひこ
たけひこ

また、一貫性の中でも木材を内部空間に利用するなど、変化もしている安藤さんの今後の活動も追っていきたいと思います!

ご覧いただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました