新着記事

建築

江戸東京博物館【菊竹清訓】

江戸東京博物館は、両国国技館のすぐ隣に建つ、大規模な博物館建築である。設計を務めたのは、メタボリズム(代謝建築)の思想を世に広めたことで知られる建築家「菊竹清訓」。テーマ「江戸と東京の歴史や文化を伝える博物館」このテーマを基にしつつ、菊竹自身のメタボリズム的思想も組み込まれた、圧倒的存在感を示す建築物が完成している。
建築

スカイハウス【菊竹清訓】

スカイハウスは、東京都文京区の傾斜地に建つ住宅建築である。設計を務めたのは、1960年代の建築運動メタボリズムの第一人者として有名な建築家「菊竹清訓」。コンセプト「代謝する建築」このコンセプトを基に、人間が新陳代謝によって成長するように、建築も増改築という代謝によって、機能や時代の変化に適応できるようにと考え設計されたのが、このスカイハウスである。
建築

ホキ美術館【日建設計】

ホキ美術館は、千葉県千葉市に建つ、日本初の写実絵画を専門にした美術館である。設計を務めたのは、日本最大手の組織設計事務所「日建設計」。コンセプト「零度のギャラリー」このコンセプトを基に、物事の起点である零度のような存在となったギャラリー空間が完成している。
建築

ルイ・ヴィトン表参道店【青木淳】

同潤会青山アパートの存在によって商業と住居が複雑に入り混じる特異な街並みが形成された「表参道」。その世界的に見ても特殊な街に建つのが、このルイ・ヴィトン表参道店である。設計を務めたのは、日本を代表する建築家青木淳。コンセプト「機能に先行する空間の質」このようなコンセプトを基に、ある一つの決定ルールによって構築された建築物が表参道の街と呼応し、魅力的な空間を形成している。
タイトルとURLをコピーしました