建築

根津美術館【隈研吾】

建築
スポンサーリンク
スポンサーリンク

根津美術館とは?

根津美術館は、有名建築家隈研吾設計の港区南青山という都会で自然の少ない街に存在する、自然豊かな美術館である。

敷地面積が建築部分と庭園部分すべて合わせて、21,625㎥と東京ドームの半分ほどの広大な面積を持つため、自然の少ない港区ではオアシスともいえる場所である。

都会の街並みに突如現れる自然豊かな美術館であるため、都会と自然、賑わいと静寂をつなぐアプローチ空間の工夫が大事になる立地条件でもある。

たけひこ
たけひこ

そんな、根津美術館の特徴を今回はご紹介します!

隈研吾とは?

  • 1954 生誕
  • 1979 東京大学大学院建築意匠専攻修士課程を修了
  • 1979 大手設計事務所の日本設計に就職
  • 1990 隈研吾建築都市設計事務所を設立
  • 1997「登米町伝統芸能館」で日本建築学会賞作品賞を受賞
  • 2009 東京大学工学部建築学科教授に就任

隈研吾氏は、木質ルーバーや木組みなどによる木材をふんだんに利用した建築で知られている。さらに、「負ける建築」や「見えない建築」といった、自然環境と調和し溶け込むような建築の在り方も追及されている。

建築概要

  • 所在地:東京都港区南青山6-5-1
  • 竣工 :2009年2月
  • 用途 :美術館
  • 構造 :鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄骨造
  • 階数 :地下1階 地上2階
  • 高さ :約14m

外観の特徴

外観の特徴として次のような点が挙げられる。

  1. 切妻屋根による外観
  2. 深い軒によるプローチ空間
  3. 広大な庭園

切妻屋根による外観

根津美術館本館は、2階建てで日本の伝統的な切妻屋根が特徴的である。この切妻屋根によって、寺院建築を想起させるような日本らしい構成になっている。

深い軒によるアプローチ空間

根津美術館の最大の特徴が、この深い軒、竹林、竹のよるルーバーによって囲われたアプローチ空間であろう。

この一目見ただけで興味がわくアプローチ空間は、約50mの道を歩くことで、都会から自然、賑わいから静寂へと、訪れる人々の気持ちをいざなうように意図し、設計されている。

広大な庭園

根津美術館の周辺には、かつて根津嘉一郎邸の庭園であったものが現在も残っている。庭園の特徴としては、自然の傾斜を生かし、池を中心とした日本庭園で、庭内には4棟の茶室や薬師堂などが存在する

また、二枚目の写真にあるNEZU CAFEというカフェが庭園内には存在し、ガラス張りになっているため、自然を感じながら休憩できる魅力的なスポットとなっている。

内観の特徴

内観の特徴としては、次のような点が挙げられる。

  1. 屋根の形状をそのまま反映させた勾配天井
  2. 庭園に対して開いた空間
  3. 閉じた展示室

屋根の形状をそのまま反映させた勾配天井

外観の特徴として切妻屋根があったが、内観にもこの屋根構造が反映されているのがこの美術館の魅力の一つである。この屋根形状の天井を実現するために、開口面に無垢のスチール柱を並べている。

またこの勾配天井には、ルーバー状のパネルが取り付けられていて、より和を感じることができる空間構成となっている。

庭園に対して開いた空間

外の自然あふれる庭園の魅力を内部空間にも取り入れるために、大きく開いたガラス張りの開口がある。

また、先ほど述べた開口面に並べられたスチール柱によって庭園と一体化した自然あふれる無柱空間が実現している。

閉じた展示室

写真の奥側には展示室があるが、ホールの開いた空間とは反対に、展示室は閉じた空間になっている。これは、地震や盗難、外光や温湿度などの環境変動に対して工夫された形式である。

展示室の「閉じた空間」、ホールの「開いた空間」の対比が魅力的な内部構成が根津美術館の魅力になっている。

最後に・・・

以上が港区南青山の根津美術館である。

外の都会空間から内部の日本庭園をつなぐ役割を果たしつつ、美術館自体が魅力的な空間構成となっている。この美術館の木材利用の仕方や空間構成は、隈研吾さんの作品の中でも、とても魅力的であると思う。

港区南青山のオアシス、根津美術館にぜひ訪れてみてください!

閲覧していただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました