建築

浅草文化観光センター【隈研吾】

建築
スポンサーリンク
スポンサーリンク

浅草文化観光センターとは?

浅草文化観光センターは、新国立競技場の設計者として有名な建築家隈研吾氏が設計した、浅草の観光案内所などからなる複合施設である。

建築としては、切妻屋根の木造住宅を7つ積み重ねたような形状、隈研吾氏らしい木質ルーバーをふんだんに利用した外観などが特徴的である。

隈研吾とは?

  • 1954 生誕
  • 1979 東京大学大学院建築意匠専攻修士課程を修了
  • 1979 大手設計事務所の日本設計に就職
  • 1990 隈研吾建築都市設計事務所を設立
  • 1997「登米町伝統芸能館」で日本建築学会賞作品賞を受賞
  • 2009 東京大学工学部建築学科教授に就任

隈研吾氏は、木質ルーバーや木組みなどによる木材をふんだんに利用した建築で知られている。さらに、「負ける建築」や「見えない建築」といった、自然環境と調和し溶け込むような建築の在り方も追及されている。

建築概要

  • 所在地:東京都台東区雷門二丁目18番9号
  • 竣工 :2012年
  • 用途 :複合施設(観光案内所、事務所、展示場、飲食店など)
  • 構造 :S造 SRC造
  • 階数 :地上8階、地下1階
  • 高さ :38.9m

外観の特徴

外観の特徴としては次のような点が挙げられる。

  1. 伝統的木造住宅を7つ積み重ねたような外観
  2. 切妻屋根による構成
  3. 木製ルーバーに覆われたファサード

伝統的木造住宅を7つ積み重ねたような外観

1の木造住宅を積み重ねたような外観の建物は他にも各地に存在します。例として藤本壮介設計の「Tokyo Apartment」などが挙げられます。

しかし、建築は柱を貫通させなければいけないという制約があるため、部屋の中心に柱が通っているなど、構造的に無理をしていることが多い。

しかし、浅草文化観光センターは微小なずれのみで住宅の積み重ねを表現しているため構造的に無理なく設計されている

切妻屋根による構成

上記の屋根が切妻屋根である。日本の住宅でよく見られる構成であるが、この住宅を基本単位として、積み重ねていったのが浅草文化観光センターである。

木製ルーバーに覆われたファサード

ルーバー

ファサードのルーバーは、実は板のように薄くて幅のある形状である。そのため見る角度によっては、ほとんどルーバーが見えなかったりもする。

このルーバーによって、日射を適度に遮りつつ、日本らしい外観を作り出している

内観の特徴

  • 8F 喫茶室 展望テラス
  • 7F 展示スペース
  • 6F 多目的スペース
  • 5F 大会議室
  • 4F 小・中会議室 観光ボランティア事務室
  • 3F 管理事務所 旅行団体支援スペース
  • 2F 観光情報コーナー
  • 1F 案内ロビー 外貨両替所
  • B1 化粧室

入口と1F吹き抜け空間。1Fは吹き抜けによって空間の広がりを感じられ、さらに天井はルーバーで覆われているため、魅力的な空間となっている。

2Fの内観。スキップフロアによる構成、でこぼこした内壁、天井のルーバーなどが特徴的である。

6Fの多目的スペース。住宅を積み重ねた形状によって床が階段状になった部分をうまく利用していることがわかる。

8F展望テラスからの眺め。雷門通りや五重の塔、スカイツリーなどを一度に見ることのできる絶景スポットである。

最後に・・・

以上が浅草文化観光センターの概要でした。

隈研吾さんらしいルーバーによる外観、住宅を積み重ねたような外観が魅力的な建築であったと思います。

たけひこ
たけひこ

浅草を訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください!!

閲覧していただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました