東京都

スポンサーリンク
建築

ダイワユビキタス学術研究館【隈研吾】

ダイワユビキタス学術研究館は、大和ハウス工業株式会社により寄贈された東京大学キャンパス内に建つ研究館である。設計を務めたのは、日本のみならず世界で活躍する建築家「隈研吾」。「建築にやわらかさを与える」このようなテーマを基に、隈研吾らしく木材をふんだんに使用した繊細なファサードが独特の雰囲気を作り出している。
建築

コミュニティステーション東小金井【古澤大輔】

コミュニティステーション東小金井は、東小金井駅近くに建つ高架下を活用した建築物である。設計を務めたのは、日本大学建築学科で教授も務める建築家「古澤大輔」。「多様な主体を受け入れる空間」このコンセプトを基に、高架下というマイナスイメージのある場所に魅力的な空間が形成されている。
建築

武蔵野プレイス【kwhgアーキテクツ】

武蔵野プレイスは、東京都武蔵野市の武蔵境駅前に建つ複合施設である。設計を務めたのは、川原田康子と比嘉武彦によるアトリエ事務所「kwhgアーキテクツ」。「新しいソーシャルに向けて」このようなコンセプトを基に、開かれつつ囲われた空間が人々に新たなコミュニティ形成の場を提供している。
建築

すみだ北斎美術館【妹島和世】

すみだ北斎美術館は、江戸時代後期の浮世絵師「葛飾北斎」の作品を保存・展示している美術館である。設計を務めたのは、国内外で活躍する建築家妹島和世。「新しい風景をつくる美術館」このコンセプトを基に、周辺の街並みと調和しながらも、象徴性のある建築物がつくり出されている。
建築

森山邸【西沢立衛】

森山邸とは、東京都内の閑静な住宅街に建つ、小さな集合住宅のことである。設計を務めたのは、世界的にも活躍する日本の建築家西沢立衛。コンセプト「明るい関係」このコンセプトをもとに、周辺の住宅街にスケール感を合わせて分散配置された10棟の建物とその間の余白が相互に作用し合い、豊かな空間を作り出している。
建築

日本橋三越本店 リニューアル【隈研吾】

1914年、日本橋に建てられた日本で最初のデパートメント・ストア「日本橋三越本店」。2018年にリニューアルオープンた同店だが、この歴史ある建築のリニューアルを担当したのは、最近話題の建築家隈研吾氏である。テーマ「白く輝く森」このテーマを基に、歴史のある建築の内部空間に、突如として白く輝く森が出現した。
建築

国立西洋美術館【ル・コルビュジエ】

国立西洋美術館は、東京・上野に建つ、西洋の美術作品を専門として扱う国立美術館である。設計を務めたのは、近代を代表する建築家ル・コルビュジエ。7か国17のコルビュジエの作品が2016年に「ル・コルビュジエの建築作品群」として世界遺産に登録されたことをきっかけに、日本に唯一現存する国立西洋美術館が再度注目されている。
建築

kashiyama daikanyama【nendo】

kashiyama daikanyamaは、東京・代官山に建つアパレル会社「オンワード樫山」による複合施設である。設計を務めたのは、建築やインテリア、プロダクトなど幅広くデザインを行っている有限会社nendo。コンセプト「小さな丘のような建物」
建築

WITH HARAJUKU【伊東豊雄】

WITH HARAJUKUは、JR原宿駅前に建つ、店舗やレストラン、集合住宅などからなる大型複合施設である。設計を務めたのは、日本を代表する建築家伊東豊雄氏と竹中工務店。未来を紡ぐ「道の建築」このコンセプトを基に、パサージュと呼ばれる建物内部を貫通する「道」が周辺の個性豊かな街同士をグラデ―ショナルに繋いでいる。
建築

モンキーカフェ【中村拓志】

モンキーカフェは東京・代官山に建つ、オフィスやカフェ、ギャラリーなどを併設した、企業の自社ビルである。設計を務めたのは、商業施設や住宅など多くの作品を手掛ける建築家中村拓志。代官山という賑やかな街並みと呼応するように、企画から販売までをシームレスに繋いだ企業ビルが完成した。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました