【建築特徴】テルメ・ヴァルス|ピーター・ズントー

photo by p2cl/CC 表示-継承 2.0
目次

テルメ・ヴァルスとは?

photo by Micha L. Rieser
  • 設計:ピーター・ズントー
  • 住所:スイス・ヴァルス
  • 竣工:1996年
  • 用途:温泉施設

テルメ・ヴァルスは、アルプス山脈が横断するスイスの小さな村「ヴァルス」の傾斜地に建つ、洞窟のような温泉施設である。

建築の設計は、スイス出身の世界的建築家「ピーター・ズントー」が担当。

建物全体は、幾何学的な建築ボリュームが山の斜面に埋め込まれるような形で建てられており、屋根面の緑化も相まって、周辺のランドスケープと一体になりながら静かに佇んでいる。

また、内外の壁面には地元で採掘された石材が全面的に用いられており、洞窟のような重厚感のある雰囲気を生み出している。

ピーター・ズントーの名を世界に轟かせた名建築である。

テルメ・ヴァルスの建築的特徴

スイスの山間部に建つ温泉施設

photo by Gunnar Klack/CC 表示-継承 4.0

アルプス山脈が横断する、人口1000人ほどのスイスの小さな村「Vals(ヴァルス)」。

有名ミネラルウォータ「VALSER」の生産地でもあるこの地には、鉱泉が豊富に湧出し、スイスを代表する温泉地としても知られている。

そんなヴァルスの傾斜地に、世界的建築家が設計した「テルメ・ヴァルス」という温泉施設が建っている。

ピーター・ズントーの名作

photo by KovacsDaniel/CC 表示-継承 4.0

テルメ・ヴァルスの設計は、スイス出身の世界的建築家「ピーター・ズントー」が担当。

ピーター・ズントーの設計スタイルは、普遍的なモダニズム建築に、地域固有の場所性(風土)を融合した「地域主義(リージョナリズム)」として位置づけられている。

そして、テルメ・ヴァルスもまた、地域主義的な特徴が顕著に表れた建築作品となっており、ピーター・ズントーの名を世界に轟かせた名作としても知られている。

傾斜地に貫入する幾何学的な建物

テルメ・ヴァルスは、幾何学的な形態をした建物が、山の傾斜地に埋め込まれるような形で構成されている。

さらに、その建物の屋根面には、周囲の地表と連続する形で芝が敷かれており、ランドスケープの一つとして周辺環境に自然と浸透している。

このような地中に埋め込まれた建築物を見ると、安藤忠雄建築を想起する人も少なくないだろう。

実際、安藤忠雄は、ピーター・ズントーと同じ批判的地域主義の建築家として分類される場合もあるため、設計スタイルは多少似ているのかもしれない。

壁面全体を覆う地場産石材

photo by Lysippos/CC 表示-継承 3.0

ピーター・ズントーは、自然素材の巧みな使い手として定評のある建築家である。

テルメ・ヴァルスでもピーター・ズントーらしい巧みな素材利用がなされており、ここでは地元で採掘された石材を内外の壁面や床にふんだんに用いている。

石材で覆われた内部空間は、まるで洞窟のような重厚感のある雰囲気を醸し出す。

洞窟のような内部空間

photo by kazunori fujimoto/CC 表示-継承 3.0

石材で覆われたテルメ・ヴァルスの内部空間は、光が抑えられ、まるで洞窟内部のような重厚感のある雰囲気を醸し出している。

さらに、天井面に設けられたスリットからは自然光がわずかに差し込み、幻想的な場を創出。

このスリットによる光の演出の仕方も、安藤忠雄とそっくりである。

ピーター・ズントーの代表作品5選

あわせて読みたい
ピーター・ズントーとは?【人物像と代表作品5選を解説】 【ピーター・ズントーとは?】 photo by KovacsDaniel/CC 表示-継承 4.0 ピーター・ズントーの経歴 1943年 スイス・バーゼルに生まれる 1958年 家具職人として修業 19...

ピーター・ズントーの著書

著:ペーター・ツムトア, 翻訳:鈴木 仁子
¥3,520 (2024/01/12 00:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
著:ペーター・ツムトア, 翻訳:鈴木 仁子
¥3,740 (2024/01/12 00:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
  • URLをコピーしました!
目次