香川県

建築

やしまーる 高松市屋島山上交流拠点施設【SUO】

やしまーるとは、香川県高松市・屋島の山上に建つ展望施設のことである。設計を務めたのは、SANAAや妹島和世設計事務所での勤務経験のある若手建築家「周防 貴之」。コロナの影響もあり衰退しつつあった高松の観光地「屋島」に、新たなランドマークとしてやしまーるが建設された。
建築

ヴァレーギャラリー【安藤忠雄】

ヴァレーギャラリーは、瀬戸内海に浮かぶアートの島「直島」に2022年に開館したギャラリーである。設計を務めたのは長年、直島の地域活性化に尽力してきた建築家「安藤忠雄」。コンセプト「建築の原点に立ち返る光」。このコンセプトを基に、若き日の安藤忠雄に絶大な影響を与えた「ローマ・パンテオン」を彷彿とさせる光の空間が直島に誕生した。
建築

ANDO MUSEUM【安藤忠雄】

ANDO MUSEUMは、アートの島として有名な瀬戸内海の小島「直島」に建つ美術館である。設計を務めたのは、長年にわたり直島で設計活動を行っている建築家「安藤忠雄」。「安藤忠雄のエッセンスを詰め込んだ美術館」周囲の街並みと同様、木造の古民家の様相を持つ建築であるが、内部には安藤忠雄らしいコンクリート空間が広がっており、内外の想定外性が魅力的な美術館である。
建築

地中美術館【安藤忠雄】

地中美術館は、アートの島で有名な瀬戸内海に浮かぶ小島「直島」に建つ美術館である。設計を務めたのは、日本を代表する建築家「安藤忠雄」。コンセプト「自然に埋没する建築」このコンセプトを基に、もともと敷地に存在した自然環境や風景を破壊しないように地中に埋められた建築が世界中から注目を集め、毎年多くの観光客が訪れるスポットとなっている。
建築

李禹煥美術館【安藤忠雄】

李禹煥美術館は、瀬戸内海に浮かぶ香川県の「直島」に建つ美術館である。李禹煥美術館の設計を務めたのは、コンクリート建築で有名な建築家安藤忠雄。「地形と一体化し、自然の風景に溶け込んだ建築」このコンセプトを基に、地形に埋め込まれた展示室をコンクリートの壁で作られたアプローチ空間でつないだ、印象的な建築が出来上がっている。
建築

豊島美術館【西沢立衛】

豊島美術館は、瀬戸内海の中でも緑豊かで、豊富な湧き水を持つ豊島に建てられた美術館である。設計は、建築家西沢立衛氏とアーティスト内藤礼氏が共同で行い、次のことをコンセプトとした。「アート・建築・自然 三者の調和と連続」
建築

香川県庁舎【丹下健三】

香川県庁舎は、建築家丹下健三が初期に設計した作品であり、1958年に竣工した東館、2000年に竣工した本館によって構成される。日本の伝統とモダニズム建築を掛け合わせたような構成となっている香川県庁舎の特徴をご紹介します!!
タイトルとURLをコピーしました