建築家

スポンサーリンク
建築家

ル・コルビュジエの建築作品5選

ル・コルビュジエは、近代に生まれた新しい技術「鉄筋コンクリート」を巧みに利用し、近代建築の先駆者となった建築家である。代表作としては、「サヴォア邸」「ラ・トゥーレット修道院」「ユニテ・ダビタシオン」などが挙げられる。さらに、ル・コルビュジエは建築家としてだけではなく、画家としても有名であり、「ピュリスム(1918~25年)」と呼ばれるフランスで展開された絵画運動の先導者としても知られている。
建築家

建築家坂茂の建築作品10選

坂茂とは、日本・パリ・ニューヨークに3つの設計事務所を持ち、世界中で活躍されている建築家である。代表作としては、「静岡県富士山世界遺産センター」「ポンピドゥーセンターメス」「紙のカテドラル」などが挙げられる。また、坂茂はトイレットペーパーの芯などに用いられる「紙管」を建築材料として使用し、今までに見ないような空間をつくる建築家としても有名である。
建築家

建築家内藤廣の建築作品10選

内藤廣は、多くの公共建築や文化施設などを手掛ける、日本を代表する建築家である。代表作としては、「海の博物館」「牧野富太郎記念館」「島根県芸術文化センター」などが知られ、屋根天井などに木材をふんだんに使用した建築を多く手がける。また、建築に関する著書も多く手がけており、文筆家・思想家としても知られている。
建築家

建築家磯崎新の建築作品10選

2019年に、建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞した建築家磯崎新。磯崎さんはプリツカー賞設立に関わり、以来10年近くにわたってプリツカー賞を審査する側にいた。 また、磯崎さんの著書「建築の解体」は、ポストモダンの傾向に大きく影響を与えた。
建築家

建築家黒川紀章の建築作品10選

建築家の菊竹清則さん、槇文彦さんらとともに「メタボリズム・グループ」と言うものを結成し、人間の新陳代謝のように、増改築が可能な建築を追及された建築家黒川紀章。 日本の世界的に有名な建築家といわれて丹下健三さんの次に名前が挙がるのが黒川紀章さんであろう。
建築家

建築家谷尻誠の建築作品7選

谷尻誠さんは、専門学校出身にもかかわらず、建築家として世界でも活躍されている人物である。さらに、谷尻さんは建築家としてだけではなく、キャンプ事業を手掛けたり、多くの著書を出版したりするなど、起業家や文筆家としても知られている。
建築家

建築家中村拓志の建築作品10選

中村拓志とは、現在47歳の建築家である。 個人事務所を設立する前は、木材を利用した建築で話題の隈研吾さんの設計事務所に所属していました。そのため、中村さんの作品には、自然と調和した建築が多くみられる。 また、中村拓志さんは2007年に情熱大陸にも出演したことで話題となった。
建築家

建築家西沢立衛の建築作品5選

西沢立衛は、建築界のノーベル賞であるプリツカー賞を受賞した建築家である。個人としても多くの有名作品を残しているが、妹島和世さんとユニットSANAAを結成し、世界中でも活躍されている。 作品としては、豊島美術館や十和田市現代美術館などが有名である。
建築家

SANAAの建築作品選9選

SANAAは、建築家妹島和世と西沢立衛の建築家ユニットのことである。SANAAでお二人は建築界のノーベル賞であるプリツカー賞を受賞し、今後さらなる活躍が期待されている。そんなSANAAの建築作品を10選厳選して、今回紹介したいと思います!
建築家

建築家妹島和世の建築作品7選

建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を日本人女性で唯一受賞している建築家が妹島和世さんである。また、妹島さんは個人設計事務所とは別に、豊島美術館などで有名な建築家西沢立衛さんと建築家ユニットSANNAを結成し、日本のみならず世界でも活躍されている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました