たけひこ

スポンサーリンク
建築

Tokyo Apartment【藤本壮介】

Tokyo Apartmentは、3つの賃貸住宅と1つのオーナー住宅からなる東京都に建つ集合住宅のことである。設計を務めたのは、2025年大阪万博会場のデザインプロデューサーを務めている建築家「藤本壮介」。コンセプト「無関係の関係性」このコンセプトを基に、東京の街並みを再読し直し、新たな街と家との関係性を作り出している。
建築

小布施町立図書館 まちとしょテラソ【古谷誠章】

小布施町立図書館とは、「栗と北斎のまち」として親しまれている長野県・小布施町に建つ図書館のことである。設計を務めたのは、早稲田大学建築学科で長年教鞭をとる建築家「古谷誠章」。コンセプト「行灯のような図書館」このコンセプトを基に、夜間真っ暗になる小布施町を優しく照らす行灯のような図書館が完成した。
建築

やしまーる 高松市屋島山上交流拠点施設【SUO】

やしまーるとは、香川県高松市・屋島の山上に建つ展望施設のことである。設計を務めたのは、SANAAや妹島和世設計事務所での勤務経験のある若手建築家「周防 貴之」。コロナの影響もあり衰退しつつあった高松の観光地「屋島」に、新たなランドマークとしてやしまーるが建設された。
建築

ヴァレーギャラリー【安藤忠雄】

ヴァレーギャラリーは、瀬戸内海に浮かぶアートの島「直島」に2022年に開館したギャラリーである。設計を務めたのは長年、直島の地域活性化に尽力してきた建築家「安藤忠雄」。コンセプト「建築の原点に立ち返る光」。このコンセプトを基に、若き日の安藤忠雄に絶大な影響を与えた「ローマ・パンテオン」を彷彿とさせる光の空間が直島に誕生した。
建築

ANDO MUSEUM【安藤忠雄】

ANDO MUSEUMは、アートの島として有名な瀬戸内海の小島「直島」に建つ美術館である。設計を務めたのは、長年にわたり直島で設計活動を行っている建築家「安藤忠雄」。「安藤忠雄のエッセンスを詰め込んだ美術館」周囲の街並みと同様、木造の古民家の様相を持つ建築であるが、内部には安藤忠雄らしいコンクリート空間が広がっており、内外の想定外性が魅力的な美術館である。
建築

地中美術館【安藤忠雄】

地中美術館は、アートの島で有名な瀬戸内海に浮かぶ小島「直島」に建つ美術館である。設計を務めたのは、日本を代表する建築家「安藤忠雄」。コンセプト「自然に埋没する建築」このコンセプトを基に、もともと敷地に存在した自然環境や風景を破壊しないように地中に埋められた建築が世界中から注目を集め、毎年多くの観光客が訪れるスポットとなっている。
建築

海の駅なおしま【SANAA】

海の駅なおしまは、瀬戸内海に浮かぶ小さな島「直島」の宮ノ浦港に建つ、フェリーターミナル駅である。設計を務めたのは、国内外で活躍する建築家ユニット「SANAA」。コンセプト「島のエントランスとしての大屋根」このコンセプトを基に、周辺環境や景観に配慮した水平に伸びる大屋根と、その大屋根の下にできる街と連続した空間が魅力的な海の駅がつくられている。
建築

犬島精練所美術館【三分一博志】

犬島精練所美術館は、瀬戸内海に浮かぶ岡山市唯一の有人島「犬島」内に建つ美術館である。設計を務めたのは、瀬戸内を中心に活動する建築家「三分一博志」。コンセプト「在るものを活かし、無いものを創る」このコンセプトを基に、100年以上前に建てられた銅精錬所の遺構を保存・再生しながら、犬島の活性化計画「犬島アートプロジェクト」の中心となる美術館が2008年に完成した。
建築

ホンブロイッヒ ランゲン美術館【安藤忠雄】 

ランゲン美術館は、ドイツ・デュッセルドルフ郊外の森の中に建つ現代美術館である。設計を務めたのは、日本を代表する建築家「安藤忠雄」。コンセプト「森の中に息づく美術館」このコンセプトを基に、美術館でありながら周囲の自然を存分に感じ取れる構成が魅力的な建築となっている。
建築

エストニア国立博物館【田根剛】

エストニア国立博物館は、ヨーロッパ北東部に存在する国「エストニア」内に建つ国立博物館である。1940年~1991年の間、エストニアはソ連に占領されていたという過去を持つ。コンセプト「記憶をつなぐ国立博物館」このコンセプトを基に、軍用滑走路というソ連占領時代を象徴するような場所をあえて敷地とすることで負の記憶すらも未来へとつなぐような国立博物館が完成している。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました